学園生活

2019/02/22 

「中島敦」を知る・考える・発表する ~ iPad(ロイロノート)を活用した授業 ~ 

高2の「現代文」では、中島敦の「山月記」を勉強しています。

中島敦について、作者の生い立ちなどの話は導入の授業でしていますが、知識を伝えるだけに留まってしまいます。そこで、作者の生き様はもちろん、作者と作品との関連性まで考えることができたらとインターネットで検索をしながら調べたり、それを基に考えたりする授業を展開しました。

「作者について(死因は何か、何歳の時に、どこであるか。)」、「パラオに行った理由は何か。(公的な理由と私的な理由)」などを調べて、それぞれで発表し、また検討していきます。最後に、「作者と李徴(主人公)との共通点は何か」について、自分たちの考えを出し合い、グループで発表してもらいます。

授業の展開としてはゆっくりではありましたが、作者や作品への興味を持つと共に、「考える力」に発展することができたと思います。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ