2020/05/18 

きまぐれコグチ新聞 №12

5月10日は母の日でした

休校中にはお手伝いの課題もありましたが、お母さんの大変さが少し分かったかも? お母さんがみんなのためにいろいろなことをしてくれる、それもまた「当たり前」ではないことですよね。その時その時に「ありがとう」が言えたら一番ですが、言いそびれることも。かと言って、日頃の感謝を改めて伝えるのは、きっかけがなければ気恥ずかしいものです。そんな照れ隠しのために、「母の日」があるのかもしれませんね。今年は何もしなかったという人も、来年はこの日に便乗してみては。私は実家を出て暮らしていますが、母が平均寿命まで生き、私が年に3回帰省するとしたら、母と会えるのはあと90回くらい? そんなものかあと思います。反抗期のバトルも共に戦いぬいた母。中学生の頃は毎日「携帯電話がほしい!」と言ってしつこく抗議したけれど、結局買ってもらえなかったなあ。のちに「あれには心底うんざりだった」と言われました(笑)。そんな後日談ができる日を楽しみに、いまの「当たり前」に感謝して過ごそう!

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ