学園生活

2021/11/26 

クリスマスを授業する -飛び出すクリスマスツリーを作ろう- 数学 

キリスト教学校の清和では、この11月中に各教科にクリスマスを取り入れた授業を行っています。そんな中、高1の数学では「フラクタル幾何学で飛び出すクリスマスツリーを作ってみよう!」という授業をしました。

フラクタルとは、「自己相似性」という特殊な性質を有する幾何学的構造のことで、より具体的には「図形の全体をいくつかの部分に分解していった時に全体と同じ形が再現されていく構造」のことを言う数学の概念です。

この概念に基づき、一枚の紙から飛び出すクリスマスツリー作りに取り組みました。

一枚の紙に規則性を持って折ったり、切れ込みを入れたりすることで階段のような飛び出すツリーが出来てきます。そして切れ込みの数で、ツリーの形が変わってきます。生徒たちは真剣に一枚の紙に切れ込みを入れながら作業に取り組んでいました。この授業ではコピー用紙を使用しましたが、この方法でカラーの紙などで作れば素敵なクリスマスカードが出来上がります。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ