学園生活

2019/04/24 

スマホ携帯安全教室

4月23日(火)の7限目に、全校生徒を対象とする「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しました。昨年同様、NTTドコモの講師をお招きし、スマートフォン、携帯電話の安全な使い方について学びました。
 

SNSでのトラブルが増加していることは、新聞や各マスコミでも報じられていますが、生徒だけでなく我々教職員も、どこか「他人ごと」と捉えているように思います。しかし、実際には誰もがトラブルに巻き込まれる可能性があり、自分が被害を受けるだけでなく、知らず知らずのうちに、加害者になり得ることもあります。
 

今日の講演では、そのようなSNS使用上の注意点や、情報モラルの問題、スマホ依存など、私たちが直面する問題について、分かりやすくお話してくれました。
正しい知識を持って安全に使用すれば、スマートフォンや携帯電話は本当に便利なツールです。しかし、間違った知識、安易な気持ちで使用してしまうと、個人情報が流出したり、時に他人を傷つけることもあります。周りの人とのコミュニケーションを容易にできるツールであることは間違いありません。しかし、容易だからこそ、メールを送信する前に、画像をアップする前に、「本当に送信して良いのか」「本当にアップして良いのか」、冷静になる時間を持ちましょう。スマートフォンや携帯電話に頼りすぎないことも、私たちにとって大事な意識かもしれません。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ