礼拝の話

2018/07/13 

三浦真菜(音楽科)ホセア書10章12節 

 「精いっぱい生きる」とは、いろいろな現実を含めて、「自分であること」「自分の大切な何かを真剣に考えること」「一人では生きていけない現実を知ること」ではないかと思います。ネット社会である現代は、質問を書き込めば誰かが答えてくれる、一見とても便利な社会です。しかし、「自分で考える」という大切な、人として絶対に失ってはいけない部分が抜けているように感じます。「自分自身で考える」ことを常に心がけてください。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ