学園生活

2020/01/23 

中学部 清和オーガニクス 麦踏みと畑の整備

今学期はじめての中学部「清和オーガニクス」の授業がありました。

今回の授業は、11月に撒いた麦の「麦踏み」をしました。「麦踏み」はこの時期芽を出した麦を踏んで麦を強くする作業です。しかし、今年はかなりの暖冬で麦の成長がとても速く、かなり大きくなっている苗もありました。あまり大きくなりすぎている苗は踏まずにまだ小さい苗を根元から「ムギュ」と踏んでいきます。生徒は「なんかかわいそう」と言いながら踏んでいました。

そして、今度はノースファームの石をとる作業をしました。このノースファームはおそらく昔は河川敷だったとのことで、畑の中には大きの異なる石がゴロゴロしています。それを生徒全員で丁寧に取り除いていきました。みんなのがんばりでかなりの石をとることができました。

最後に講師の谷川先生から、この冬の暖かさが私たちにどんな影響を与える可能性があるのか講義がありました。麦の成長を見ても、本来の成長とは違うスピードで大きくなっていることが、今後もしかしたら私たちの食糧を脅かすことなる。私たちの生活は地球の環境の上で成り立ち、その環境が変化することが人間の生活にも大きく影響すると話がありました。私たちが当たり前にあるものと思っている食糧は、実はこの地球の環境次第で、当たり前に手に入るものではなくなる可能性があることを、きちんと知っておかなくてはならないと考えさせられました。

次回は今年度最後の授業で本年度のまとめをします。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ