学園生活

2019/12/18 

中1 クリスマス人形劇

 明日はチャペルクリスマス本番という12月13日、朝のチャペルで中学1年生が人形劇でクリスマスの物語を披露しました。クリスマスシーズンには、イエス・キリスト誕生の場面を人形で飾る習慣があります。そしてクリスマスを祝うときにはクリスマスストーリーを劇にして演じます。そのようにして私たちは、神のひとり子が人となってこの世に来てくださったこと、そして最も貧しい飼い葉桶に寝かされている意味を何度も何度も思い起こすのです。
 森 祐理さんの歌と語りのCDに合わせて中学1年生が一生懸命演じたクリスマスの物語、翌日のチャペルクリスマスに心備える時となりました。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ