礼拝の話

2018/07/13 

古口初穂(国語科)コリントの信徒への手紙 二 4章18節

 今日の聖書箇所に、「見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続する」とあります。「見えないもの」とは信仰のことだと思いますが、「記憶」「経験」「出会い」もあてはまると思います。大切なものとして私の心にずっと残っている「見えないもの」を思い出す時、今日の聖書の言葉は本当だなあと感じます。まもなく始まる夏休みが、皆さんにとって「見えないもの」を心に蓄える機会になったらなと思っています。 

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ