礼拝の話

2018/07/13 

木村祐二(英語科)ヨハネによる福音書20章24~29節

 まずは神様から与えられている、かけがえのない自分の命を信じてください。そして他者を信じてください。疑うことをお互いがやめた時に新しい本当の関係が生まれます。誰でも疑われると心を閉ざし、信じられると心を開きます。「信じる者は救われる」というより、「信じる」ことそのものが人間の救いであると考えます。清和で本当の交わりがもてるように、自分の可能性を信じ、他者を信じて、前向きに生きてほしいと願っています。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ