学園生活

2020/04/22 

清和は休業しています。でも清和は活動しています(4) 清和の敷地内の木々や草花の続きです。

さつき  正面玄関の両サイドのツツジの植え込み。いよいよ満開の時がやって来ました。見事です。

 

プランターのパンジー 正面玄関の階段にプランターが並んでいます。手入れが行き届いています。教頭の山脇先生が定期的に植え替えています。毎朝の水やりも同先生の日課になっています。夏頃にはペチュニアなどに代わるはずです。

 

グラウンドのモミジバフウ グラウンドの向こう側のフェンス沿いに一際存在感のある木がそびえています。中庭にもあるモミジバフウです。今が伸び盛りでしょうか。日に日に葉が大きくなっていくのがわかります。風に吹かれて揺れる木は意志がある生き物のように感じます。

 

ビワとカキの木 本館東側にビワとカキの木が植えられています。昨年はヤマモモと同じように豊作でした。手入れもあまり行き届きません。それにもかかわらずたくましく育っています。その姿勢、立派です。

 

体育館西側の桜 そばを通る人も少ない場所で育っています。静かな存在感があります。今年はあっという間に葉桜になってしまいました。  

 

 

サツキ  電停「清和学園前」の前に清和の石碑があります。「神は愛なり」と彫られています。その前にサツキなどが年々大きく育っていっています。そのために石碑の文字が隠れます。今年もそろそろ剪定が必要になってきました。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ