学園生活

2019/01/25 

高校2年生修学旅行 4日目

1月24日(木)
 
スキー研修も最後の日を迎えました。
リフトに3回乗り換えて、かなり急勾配な斜面も気持ちよく滑ることができるようになりました。インストラクターの山本先生、安田先生には丁寧に教えて下さり、感謝の限りです。滑ることができたという満足度を感じる生徒が多いのを感じます。
 
さて、一路東京へ。
道路の渋滞が心配されていましたが順調に進み、江戸東京博物館にも予定より早く到着。少し延長して1時間半ほど、見学時間をとりましたが、もっと時間が欲しいという声も。感想をピックアップします。
 
「友だちといろいろなミニチュアや道具、絵を見て周り、語ったりすることができました。いろいろな体験を通して、意外にも楽しむことができたので、満足です。」 
「江戸時代がどんな雰囲気でどんな建物があり、どんな食べ物を食べて生活しているのか、体感できました。また、幽霊の芝居(歌舞伎)の様子を恐怖も観ることができ、とにかく説明がわかりやすくて、耳にすっと入ってきました。」
「知らないことがたくさん知る機会があってよかった。特別展も、教科書などで見たことのある有名なものから、初めて見たものまで、とにかく見ていてとても楽しかった。見学の時間がもっとほしい。」など。
 
 夕食は、テーブルマナーを体験しました。みなさんが、素敵なレディになれると信じています。なお、受けている時の姿は、真剣そのものでした。料理もご満悦のようでした。
 
 さて、明日は最終日。
 お楽しみの東京ディズニーシーを見学し、高知へ帰ります。
 
 

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ