学園生活

2020/02/06 

高2 選択教養 夏ミカンのジャム作り

今日の選択教養の授業は、夏みかんジャム作りをしました。無農薬の夏みかんをみんなで皮むきし、皮と種と実とにわけ、皮はこまかくせんぎりにします。固い皮をむくのと、中の果肉をとる作業は結構大変でしたが、みんな黙々と作業をしていきました。種は袋にいれてペクチンを利用し、実は皮とあわせて砂糖をいれてジャム用に購入した圧力鍋を使って煮込みました。果汁が思ったより多く、ちょっととろみは弱かったかもしれませんが、リッツにつけてみんなで試食したらとてもおいしかったです。瓶詰めのジャムがたくさんできました。季節の食材を利用した農産加工は、その季節に必要な栄養が摂れるだけではなく、保存食としても活用できるので、豊かな人生を送っていく上で大切な作業だと思います。手間はかかりますが、生きていく力の一つに農産加工の技術を身につけていってほしいです。

ジャムはヨーグルトにかけて食べたらとてもおいしかったです。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ