学園生活

2020/07/06 

高3選択実践 木工のプランター作り

今回の教養実践では、学校で使うプランターを杉板で手作りしました。あらかじめサイズに切っておいた杉板を、インパクトドライバーを使ってネジを打ち込み組み立てていきます。生徒たちは初めてインパクトドライバーを使うのでおっかなびっくりですが徐々に慣れていきました。板が割れないようにまずネジを打ち込むところに穴を開けますが、きちんと物差しで測って印通りに穴を開ける生徒、適当に目測で穴を開ける生徒と性格が表れます。最初に本体の箱を作って、底には水はけができるように隙間を開けて板をはっていきます。プランターが組み立て終わったら次は防腐剤を塗って、底の部分に網戸の網をはって完成です。防腐剤がなかなか乾かず時間ギリギリになってしまいました。次回の教養ではこのプランターにハーブを植える予定です。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ