学園生活

2021/09/21 

高2 教養 ハーブについて学習しました

9/14の「教養」の授業は「ハーブ」でした。

この日は1学期に植えたハーブを収穫し、その効能や使い方についての学習をする予定でした。畑のハーブは先週の授業でその成長を確認し、まわりの除草をしました。ハイビスカスローゼルや、レモンバームは何倍も大きくなっていました。

今回の授業では実際にハーブを収穫する予定でしたが、雨のため講師の小松先生がご自分の農園から同じ種類のフレッシュハーブをご持参くださって講義をしました。

そして、そのハーブを実際に使ってみようとまずハーブティを作りました。ハーブには相性があるので、「レモングラス・レモンバーム・バタフライピー」のブルーのお茶と「ハイビスカスローゼル・ステピア」のピンクのお茶を作って飲んでみました。ハーブティは好みがあるので、苦手な生徒もいて感想は様々でした。ピンクの「ハイビスカスローゼル・ステピア」のお茶の方が若干人気がありました。でも一番美味しいと好評だったのは、「ステピア」だけの甘いお茶でした。特に甘いのに飲んでも太らないという点が気に入ったようでした。

そして、小松先生が持ってきてくださったドライのローズマリーで香袋の「サシャ」を作りました。少しスパイシーないい香りの「サシャ」は好評でした。

専門の先生を招き、実際にハーブを育て、そのハーブの活用法を学び、体験するという授業はこの「教養」ならではの内容だと思います。今後は畑にあるハーブを収穫してドライにして保存することなどもできればと思っています。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ