学園生活

2019/11/27 

高2選択教養 育てたもち米でお餅を作る

 今回の選択教養の授業は、お餅をつくりました。5月の授業で植えたもち米の稲が無事に収穫でき、そのもち米を餅にしたのです。自分の植えた稲が実り、もち米になってそれを加工し食す、という大切な課程です。二升のもち米を蒸し、「もちっこ」でこねます。来年は杵と臼でお餅つきをやりたい、と願いますが今年は「もちっこ」で我慢です。ついたお餅をあんこ餅にしたり、砂糖醤油やきなこなどで食べました。つきたてのお餅はしっかりとした弾力があり温かくておいしかったです。元気がでてくるようなお餅の味でした。自分で植えて、育て、収穫して加工し、食すという大切な学びの時でした。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ