礼拝の話

2018/10/29 

10月29日(月) 小西二巳夫(校長・聖書科)申命記34章4、5節 「伊能忠敬」

 モーセが40年間旅を続けることができたのは、一日一日の中で泣いたり笑ったりする出来事があったからです。どうしようもないと思えたことが、ふとしたことをきっかけに解決した時の解放感はたまりません。生きていてよかったと思える瞬間があるのです。そうしたことによって、モーセは生きる力を与えられ続けたのです。物事を結果だけで見ない清和の学校生活には、生きる力を養うためのプログラムがたくさん用意されています。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ