礼拝の話

2018/11/26 

11月22日(木) 山﨑都(体育科)マタイによる福音書6章34節

 自分の人生を走ることに例えて話をすることがありますが、「走る」「歩く」ということは、その時の自分の気持ちを感じながら、自分自身を大切にしながら、生きるということなのです。本日の清和RUNでも、まず走ったり歩いたりできる喜びを感じ、感謝して、次に自分なりの目標を持って進んでください。最後にゴールしてから、今までの練習過程を振り返り、その中で学んだことを今後の学校生活や人生に生かしてください。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ