礼拝の話

2021/01/12 

1月12日(火)聖書 コリントの信徒への手紙Ⅱ 5章17節 英語科 リンダ

私たちは毎年、よく新年の決意をします。

これは、よりよい人間になるために、何かをすることを自分自身に誓うことです。

新年は新しいことや新しい活動、そして新しいアイディアを始めるのに最高の時なのです。

例えば、運動を始める、健康的な物を食べる、何か新しいことを学ぶなどなど。

しかし、新年の決意における問題点は、ほとんどの人が結局やり遂げられずに終わることです。

私たちは何かをよりよくしようとします。

しかし、物事を変えるのは難しいのです。

実際、私たちが成功することを保証する方法は1つしかありません。

それは、神さまの助けを求めることです。

もしあなたが本当に変わりたいなら、本当にあなたの体を痛めることをやめたいなら、本当によりよい人間になるために何かをしたいなら、神さまの助けを求めるべきです。

私たちに必要な新年の決意はただ1つ、神さまを信頼し、私たちの人生にどんな意味があるのか、理解しようと努力することだと思います。

私たちの未来は神さまの手の中にあります。

だから私たちは神さまが私たちのために立ててくださる計画の中で、安心して過ごすことができるのです。

あなたがどんな決心をしても、神さまが一緒にいてくださることを覚えておいてください。

私たちには、明日のことは確かにはわかりません。

でも、私たちには今日があります。

神さまが備えてくださったご計画のように、今日という日を歩んでいくのです。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ