最新情報・お知らせ

2019/12/19 

12月14日(土) 清和チャペルクリスマス

12月14日、チャペルクリスマスを行いました。

この日のために、音楽の授業でハレルヤを練習し、放課後の時間を使って聖誕劇の練習を進めてきました。

生徒全員に役割が与えられ、この1週間はそれぞれがその仕事について覚え、体を動かし、この日を迎えました。

うまくいったこと、うまくいかなかったこと、悔しい思い、うれしい思い、いろいろなことを感じて過ごした1日となりました。

チャペルクリスマスには多くの人の支えがあること、一人の力ではできないことが、一人ひとり同じ目標にベクトルを合わせ、それに向けて力を合わせることで、できるようになることを学ぶ行事です。

 

真っ暗なチャペルに先唱が響き、聖歌隊が入場しチャペルクリスマスが始まります。

聖歌隊とオルガン、ハンドベルで聖誕劇が展開され、中学生の「わがままな男」の劇ではクリスマスの意味をそれぞれが受け止めます。

校長先生のクリスマスメッセージから、自分の弱さを認識すること、そのうえで自分と他者の弱さを大切にすること、優しさを持った想像力を働かせることを聞きました。

メサイアではアンサンブル部のシンフォニア、全校でのハレルヤ、聖歌隊のWorthy is the Lamb/Amen.をお届けしました。

 

生徒・教職員一人ひとりが心を込めてお届けしたチャペルクリスマス。

今年もたくさんの方々にご来場いただきました。

清和のクリスマスを味わっていただけたでしょうか。

みなさまも素敵なクリスマスをお迎えください。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ