学園生活

2019/02/13 

2月9日 2018年度高校卒業礼拝

2月9日(土) 清和女子高等学校の卒業礼拝が行われました。

24名の個性豊かな3年生が門出を迎えました。

清和の卒業礼拝の中では、卒業証書授与ではなく卒業の祝福として、校長先生から証書を受け取り握手をし、一人一人に激励のメッセージが伝えられました。

校長先生のお話では、「ルーティンワークを大切に 大人らしい大人になろう」と題して、清和の教育とは何か、そこで育った卒業生一人一人にこれから大切にしてほしいことを伝えました。

また、6年間清和で学校生活を送った卒業生代表が、清和で学んだ価値観をとおして卒業の言葉を述べました。その価値観とは、「一人一人が必要とされ、愛される価値がある」というものです。自分を認め、人を認め、お互いの存在を尊重し合える、大切にし合える人になりたいと、涙ながらに感謝を込めて語りました。

この3年間、清和で学び、それぞれの歩みのスタートラインにたった卒業生。清和で学んだこと、出会い、成長を胸に、一人一人がさらに輝いていってくれることを祈ります。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ