礼拝の話

2021/06/18 

6月17日(木) 聖書 ヨハネの手紙Ⅲ 1章2節 高知聖書教会 柿谷信実伝道師

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローさんが提唱した「マズローの欲求5段階説」というのがあります。

これは人が生きる上で段階的に求めていく欲求を5つに分類して、ピラミッドのような形に描いて説明しているものです。

第1段階、生理的欲求:食べたい、眠りたい等、本能的に求めることを指します。

第2段階、安全欲求:長期的な安心があること、危険なことから身を守ろうとすること等です。

第3段階、社会的欲求:社会や集団の中で自分が何者であるのか見いだそうとしたり、安心できる仲間や友だちが欲しい、愛されたいと思ったりする、という欲求です。

第4段階、承認欲求:褒められたい、誰かに頼られたい、必要とされたい、認めてもらいたい、自分という存在を尊んでほしい、ほかの誰でもない自分の価値を認識したいというものです。

そして、第5段階、自己実現欲求:自分というたった一人の存在を存分に活躍させ、秘められた能力を引き出し、誰もがアッと驚くような、素晴らしい私になりたい、というものです。

第1から第4段階を欠乏欲求と考えて、「求めて与えられようとするもの」と分類しますが、第5段階は「与えてもらうのではなく、引き出し伸ばしていく」という成長欲求と分類します。

「自分自身を成長させたい」という欲求に終わりはありませんが、これらすべてを満たしてくださる方がいます。

私たちがすべての面で満たされ、生きるその歩みが恵み豊かなものでありますように。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ