礼拝の話

2019/07/19 

7月19日(金)聖書:箴言27章17節 理科 岡村

先日、娘に絵本のプレゼントをしました。

「あんなになかよしだったのに」という本です。

娘にも同じような体験があったからです。

ある日、お友達とケンカをしたことを泣いて話してくれたことがありました。

翌日、学校に行きたくないと言いましたが、頑張って登校しました。

そして、その日は笑顔で帰ってきました。

友だちが謝ってくれた。

そして、自分も悪かったことに気がつき、ごめんといったよ。

仲直りしたよ。と話してくれました。

今でもケンカしたり、言い合ったり、楽しく遊んだりしています。

学校での生活は、毎日楽しいものだけではありません。

自分の思い通りにならないこともあります。

いろいろな傷つきの経験もします。

その中で、自分を振り返り、相手との関係を作っていく中で、人として磨かれ、輝く自分になれると思います。

清和は自分を磨き、相手も磨く場所です。

なぜなら、毎朝の礼拝の時間にお話を聞いて、考えることで、心が磨かれていくと思うからです。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ