小麦を製粉しました

2015年10月01日

9月29日(火)にオーガニクスの授業を行いました。

今回は、収穫した小麦の製粉作業と、畑に蕎麦と大豆の種を蒔く作業を行いました。

春にコットンを植えた畑は、まだまだ土が良い状態ではありません。そこで、土を改善するために、蕎麦と大豆の種を蒔きました。

蕎麦や大豆は根をしっかりと張り、土を柔らかくする効果が期待できます。

今回蒔いた種は、収穫するためではなく、まずは「土」を良くするためのもの。

毎年繰り返し行うことで、きっと今の畑も、より畑らしく変わっていくと願っています。

種を蒔いた後は、小麦の製粉作業!!

手巻き式の製粉機を使って、一人ずつ粉をひきました。

簡単そうに見えますが、細かい粉にするため圧力を強めにしたので、回すのにもかなりの力がいりました!!

それでも、生徒は一生懸命!!良い経験になったと思います!!

ちなみに、コットンの花も咲いています。今年は収穫が難しいですが、土地の改善がすすめば、コットンの成長も良くなるでしょう!!

EA9A3933

EA9A3922

EA9A3973

EA9A4060

EA9A4071

 

EA9A3901

 

 

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス