建学の理念

「心清く」「平和をつくりだす」人を育成し、純真な精神の上に「地の塩」「世の光」として、社会で輝く人を育てる。

 1901年(明治34年)、女性宣教師アニー・ダウド先生は、学ぶ意欲を持ちながらも経済的な理由でその機会が与えられなかった2人の子女(小笠原春・菊池千鶴)を自宅に招き、教育を始めました。これが清和女子の原点です。ダウド先生は、これからの時代、女性にも十分な教育を行う必要性があることを確信し、「清和女子」の礎を築かれました。他者を理解し、愛することのできる「心の清い」「平和をつくりだす」人となってほしい。正しい知識と知恵を身につけ、社会に貢献できる人となってほしい。聖書の教えに基づくダウド先生の想いは、本校の建学理念を表すものです。

校名の由来

「心の清い人々は幸いである。その人たちは神を見る。」「平和を愛する人々は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる。」(マタイによる福音書5章8節・9節)

「清和」という校名は、新約聖書マタイによる福音書5章8節・9節に由来しています。「心の清い人」「平和を愛する人」という箇所から「清和」という校名がつけられました。

 この学園で学ぶ全ての生徒が、清い心を持ち、平和を愛する人として、社会で輝けるように。それが清和の願いです。