清和学校記念日

2015年06月16日

清和女子中高等学校は創立記念日では無く、学校記念日を祝います。

それは1901年、Miss Dowd が助けを必要としていた二人の少女を引き取り、教育したことが発展、やがて今日の清和女子中高等学校となり、創立の日がないからです。

しかし、114年間の歴史には色々な困難や課題を乗り越えなければなりませんでした。新築3年目の校舎が全焼したとき、戦時中、聖書を教え続けたために学校認可を取り消されたとき、校舎の移転ときなど、など。

その都度、「 信仰の戦いを立派に戦い抜き、永遠の命を手に入れなさい。命を得るために、あなたは神から召され、多くの証人の前で立派に信仰を表明したのです。」という聖書のことばをよりどころとして乗り切りました。その聖書の言葉が「Ⅰテモテ6:12」であったため、6月12日を学校記念日とし、感謝を捧げる日としたのです。

恒例の卒業生による記念講演に、今年は社交ダンスのダンサーであり、インストラクターとして活躍中の岡本明子さん(1982年創業)が来校、「ときめきのある人生」と題して後輩への励ましメッセージを送り、模範演技を披露して下さいました。 そのエネルギッシュな華やかさに圧倒されるひと時でした。

IMG_2055

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス