新年明けましておめでとうございます。

2014年01月03日

年始のご挨拶

校長  黒田 朔

新年明けましておめでとうございます。

2014年があなたとあなたのご一家にとって祝福に満ちた一年となりますようにと祈ります。

今年が輝く1年となりますように聖書の素晴らしい約束をご紹介しましょう。

 

「見よ、新しいことをわたしは行う。今や、それは芽生えている。あなたたちはそれを悟らないのか。わたしは荒れ野に道を敷き、砂漠に大河を流れさせる。野の獣、山犬や駝鳥もわたしをあがめる。荒れ野に水を、砂漠に大河を流れさせ、わたしの選んだ民に水を飲ませるからだ。」 イザヤ書 43:19-20

 

私たちは初詣で自分の願いをお願いしますが、神は私たちが求める前に、「見よ、新しいことをわたしは行う。今や、それは芽生えている。」と語り、「あなたたちはそれを悟らないのか。」と語ります。つまり、年初めに私たちがするべきことは自分の願いを並べる前に、「今年、神様がして下さる新しいこととは何か・・」に心を向けていますかと尋ねます。

 

神が私たちのためにして下さることは、「わたしは荒れ野に道を敷き、砂漠に大河を流れさせる。野の獣、山犬や駝鳥もわたしをあがめる。」と言うのです。今年、あなたが荒野を歩くことがあるかも知れない、あなたの家族が砂漠を通ることがあるかも知れない、しかし、「あなたが荒野を歩き通せるように道を敷き、渇きで苦しむはずの砂漠を大河が流れる豊かさを喜ぶところとする。」との神の約束があるのです。

 

さあ、2014年はどんな一年となるでしょう。あなた自身に、あなたのご家庭に、清和学園に、いつ、何が起こっても、その経験の中でこの約束を忘れずに、固く握り、歩き続けましょう。これが、1901年、ダウド先生によって清和学園が始められて以来、神を信じ、神に期待して来た清和学園流の歩き方です。

 

さあ、神のご期待を心に刻み、歩き始めましょう。

「わたしはこの民をわたしのために造った。彼らはわたしの栄誉を語らねばならない。」 イザヤ書43:21

 

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス