感動の卒業式、ふたつ

2015年02月11日

パイプオルガンが響く。清和学園では卒業式も礼拝として行われる。

校歌 賛美歌 452番

ただしく清くあらまし、 なすべき務めあれば。 おおしくつよくあらまし、 負うべき重荷あれば。

卒業生37名のアットホームな卒業式。保護者、在校生、全教職員は娘の門出のように、感動しながら送り出しました。

しかし、ただひとりインフルエンザのために参加できない生徒がいました。

そのTさんのために10日、ひとり卒業式が行われました。今度はもっと家族的で悦びと励ましの溢れる式となりました。同じように校歌をさんびし、卒業証書授与の後、校長が式辞を述べ、祈りをもって送り出しました。これで全員が巣立つことになりました。

聖書のことば 「神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くと言うことを、わたしたちは知っています。」20150207_4892 t

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス