四季のある清和  

2014年04月25日

ハワイから戻って3回目の春。季節の動きに毎朝、驚かされます。
クリックすると元のサイズで表示します
清和学園を囲む丘の木々が春先にはそれぞれの新緑で身を飾り、個性を表します。秋に再び自分らしさを取り戻すまで、やがて、緑一色の夏山になります。
午前中に一度、学校巡回をします。それぞれのクラスの様子を感じるためです。元気の良いクラスも授業で盛り上がっている様子を見るのは嬉しいものです。
クリックすると元のサイズで表示します
今日は珍しく運動場に生徒たちが出ていました。
クリックすると元のサイズで表示します
朝の山、最初の写真の右側に続く山々です。
クリックすると元のサイズで表示します
藤棚の近くでお昼を食べる一年生。

このようにして清和学園を取り巻く自然も変化しますが、学園内の生徒たちも、学期を追って、中には、学年を進めて、それぞれの色合いを出し始めます。卒業までに、自分の色を見つけ、一人ひとりが自分らしいさで輝いて欲しいと願っています。

長年勤めている先生と話します。「今年の滑り出しはどうですか」「いいですねぇ。落ち着いていて、学校全体の雰囲気が変わりますね。」
確かにそうです。同じ学園でも、生徒によって変わります。また、同じ清和学園の生徒も年每によって違うのです。比べて良し悪しを言うのではなく、その学年ごとに個性があり、その年らしさで輝けるようになって欲しい・・と祈らされます。 今年も走り出しています。 お祈りください。

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス