チャペルクリスマスインタビュー1

2015年12月14日

こんにちは!生徒会です。

年も清和が一年で最も慌ただしく、そして一人ひとりが活き活きとする時期になりました!

そう、クリスマスシーズンです!

今週の土曜日、12月19日に私たちの学校ではチャペルクリスマスがひらかれます。

イエスキリストの生誕を真に祝う大切なイベントなのです。聖誕劇や中学生による劇、メサイア合唱が行われます。

一年に一度の最も大事な行事ということだけあって、生徒も先生も大忙し!そんな中、私たち生徒会が特に活躍する5つのお仕事に突撃取材をしかけていきます(笑)今日はハンドベル部です。では早速インタビュー!

Q1、ハンドベルで一番大変なことは何ですか?

A、部員で息を合わせて音をまとめていくことです。音が小さい人、大きい人、テンポが速い人遅い人といて合わせることは非常に大変です。日々の練習で腕を磨いていきます!

Q2、チャペルクリスマスでここに注目!と思うところは何でしょうか?

A、劇はもちろんですが、ぜひハンドベルの演奏にもご注目頂きたいです。今年は部員が6人しかおらず、一人が担当する音の数がとても多くなっており本当に必死に頑張っています。ぜひご覧いただければと思います。

Q3、この役割を自分が担うにあたり、どう思いますか?

A、ハンドベル部は毎年劇で演奏させていただいているのでおなじみですが、去年よりもレベルアップした演奏が気てくださった人に届けれたらいいなと思います。少しでもこのチャペルクリスマスが良い時間だったと感じていただけるような演奏ができるよう頑張っていきたいです。

Q4、最後に一言、お願いします!

清和のチャペルクリスマスにぜひお越しください!お待ちしております。

 

ハンドベル部の皆さん、ありがとうございました!練習風景を見てみても、次々とベルを持ち替えて器用に演奏する菅はとても格好いいいです!

明日は聖誕劇のキャストの方にインタビューしに行きます。お楽しみに!

生徒会でした。

 



お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス