クリスマスインタビュー最終回!!

2015年12月17日

こんにちは!生徒会です!!

今日はクリスマス礼拝。校内でイエスキリストの聖誕を祝います。そして明日はいよいよ…チャペルクリスマス本番!!

そんなわけで今日でインタビューも最終回となります。明日は筆者もどこかの場面でステージ上に登場するはず。明日お越しいただける方はお気をつけてお越しください。生徒職員一同、心よりお待ちしております。

さて、インタビューに移りましょう!今日はパイプオルガン奏者にインタビューしてきました。一般的な鍵盤楽器(ピアノやオルガン)は両手を用いて演奏しますが、パイプオルガンは何と足元にもペダルが在り、二手ならず二手二足で演奏します。どんだけ器用なんだ…。

もちろん演奏には高度な技術を要しますし、一人で演奏しなければならないので、誰よりも緊張するのではないかと思います。さて、お話を聞いていきましょう!

 

Q1、パイプオルガン演奏について大変なところは何ですか。

A、オルガンはとても音が大きく、チャペルという場所は音がとても響きます。音を間違えたり、ミスしないように弾くのは本当に大変です。

Q2、清和のチャペルクリスマスでここは見て欲しいと思うところは何ですか。

A、合唱です。是非聴いていただきたいです。

Q3、パイプオルガン奏者を自分が担うにあたり、どう思いますか。

私は聖誕劇の前奏と、メサイアの伴奏と両方担当します。とても緊張します。

Q4、最後に一言!お願いします。

頑張ります!!

 

とにかく一人で緊張と戦わなければならないこの仕事。このような仕事が出来るのは本当にすごいと思います。お疲れ様!!

ちなみに、彼女は高校2年生です。まだ来年も道がある!!と、今彼女にそんなことを言ったらとても怒ってしまいそうですね。応援していますので頑張ってください!!

 

さてさて、全5回にわたってお送りしましたチャペルクリスマスインタビュー!いかがでしたでしょうか。どの仕事に就いている人も、必死になって頑張っています。

多くの方に、私たちの姿を見て頂き、クリスマスを皆さんとお祝いしたいです。12月18日午後6時半開演です。ぜひお越しください!

ありがとうございました。生徒会でした。

securedownload
 

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス