清和模擬ESD祭

2016年03月21日

3月19日(土)に清和で模擬ESDを開催しました!

 

模擬ESD祭は清和ユネスコ国際プロジェクトメンバーが3月5日(土)-6日(日)香川で四国四県の高校生・大学生がESD (持続可能な開発のための教育)について学ぶ合宿「ユニバESD」に参加した時に「グループで話しているESD祭を実際にやってみたい」「できるなら清和でも、学園祭を盛り上げていくためにESD祭をやってみたい」という一言から始まりました。

そこから県内、県外の学校に協力していただいて、「学園祭でESDを広める」というコンセプトから、その練習という形で模擬ESD祭を開催しました。当日にむけて「ユニバESD」参加メンバーを中心に準備を始め、 清和のユネスコ国際プロジェクトが企画協力として司会や会場準備などの「運営役」、松山東高校、高知大学、北条高校、上浮穴高校が「発表役」にあたりました。「ユニバESD」を企画され今回の清和模擬ESD祭の主催者として高校生・大学生の活動を支えて下さったえひめグローバルネットワークさん、後援して下さった環境省高松事務所さん、ありがとうございました。

 

スクリーンショット 2016-03-21 8.45.29

模擬ESD祭ではまず「ESDとは何なのか」を考え直し、そこからESDを実行するためには自分たちはどう動くべきかをみんなで発表しました。

清和は中学生代表の生徒がオーガニクスのことを、そしてホタルプロジェクトの生徒が高知大学のホタル飛ばし隊の方と合同で発表しました。

ESD(持続可能な開発のための教育)と聞くとなかなか難しそうに聞こえますがホタルのための環境改善やオーガニクスと聞くと身近に思えて高校生や中学生である私たちだからこそできることというものを改めて考えさせられました。

他にも環境や世界についてなど幅広くESDについて取り上げ、更に発表だけでなくふろしきにESDについて伝えたいことを書いたり、カホンという楽器を作って演奏したりと楽しいイベントも満載で充実したESD祭となりました。

このイベントを清和の学園祭でも体験することができるようにしていきたいです!!!

学園祭では更にパワーアップした企画を用意できるように頑張りたいです。ぜひ皆さんに清和の学園祭に足を運んでほしいです!お待ちしております。

 

image

image

image

image

image

 

 

お知らせ

清和ガールズ!!

校長室より

チャペルタイムス