新着情報

パイプオルガンコンサート

2017/11/20

第22回パイプオルガン演奏会が11月18日(土)に開催されました。
今回はオルガン吉田仁美先生、ヴァイオリン平原雅啓先生においでいただき、前半にオルガン独奏、後半のヴァイオリンとのアンサンブルを演奏していただきました。
有名なJ.S.バッハ「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」に始まり、L.ヴィエルヌの「ウエストミンスターの鐘」、E.エルガーの「愛の挨拶」やV.モンティの「チャールダッシュ」など、たっぷりとオルガンとヴァイオリンの音色に耳を傾ける演奏会となりました。
高知県でパイプオルガンの演奏会を催しているのは、清和学園だけなので2年に1度のこの機会を利用して多くの方々にオルガンの音色に親しんでもらえればと思っております。
次回の演奏会にもぜひ多くの方々においでいただきたいと思います。