進学・就職

卒業生メッセージ

村上徳佳(むらかみのりか)/ 京都ノートルダム女子大学在学[2018年度卒業生]

中学時代のいじめや先生との不仲などの経験から、人と関わることを嫌い避けていた私にとって、「個人」としての私を見てくれて、のびのびと生活できる清和の環境はとても居心地がよかったです。清和での学びを通して、以前は考えてもいなかった自分の進路について興味を持ち考え、行動することができるようになりました。そして、私以外の方にも「学校に通う楽しさ」や「自分の将来について考える楽しさ」を知ってもらいたいと思っています。生きていく上でそれぞれが何かしらのトラウマを抱えて生活していると思います。そのトラウマを、清和での学びを通して少しずつ整理していくことができます。毎朝の礼拝から得られる「生きる上でのヒント」や、友だちとの関係の中で築く「信頼」は、卒業してからも人生の宝物になるはずです。ぜひ、清和のゆったりとした空間で自分と向き合いながら、友だちとの何気ない会話を楽しいと思える学校生活を送ってください。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ