学校案内

建学の精神・歴史/オーガニクス

清和学園は、女子校だから、小さい(小規模校)から、少ない(少人数教育)から、その人の学ぶ意欲と考える力を引き出すことができるのです

 キリスト教に三愛という考え方があります。「神を愛し、人を愛し、土を愛する」の三つです。今求められる生き方として「共生」がありますが、三愛はその原点でもあります。そして今私たちに特にかけているのが「土を愛する」との感覚です。土を愛するためには頭の中で考えるだけでなく、手足指を使ったり体全体を使うなどの具体的な行動が求められます。

 土を耕す、種を植える、草を抜く、水をやるなどです。必要に応じて頭も使います。三愛のバランスが取れると学ぶ意欲と生きる力が引き出されます。他者や社会への気遣いができるようになります。そういうバランスのとれた学び方をアクティブラーニングといいますが、清和学園はそれをオーガニクスという取り組みによって実現しています。

 

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ