進学・就職

進路・進学

進路・進学の基本的考え方
2020年度から大学入試制度が変わります。この変更の目的は、これまでの知識習得型の教育から、自ら考え判断できる人を育てるという考えに基づいています。中学高校の教育は、生涯学び続ける姿勢を持った人を育てるために行うということです。清和は120年前の設立当初より女性としての知性や品性などのバランスがとれた人を育てるために、キリスト教による人格教育を行ってきました。それによって、「どのように生きるのか、どのような使命を持っているのかを考え判断できる人を育てる」という、今求められている教育を、清和は創立以来行ってきたのです。進路・進学指導もその考えに基づき、これからも1人ひとりの存在に寄り添う進路・進学指導を行っていきます。
進路指導の態勢
進路指導室には最新情報を集め、生徒と保護者に情報提供できるようにしています。進路指導部長と、各学年の進路指導担当者が生徒と保護者からの質問に答えられる態勢を整えています。進路指導室にはパソコンを設置し、生徒自身が進路について情報をインターネットで検索できるようにしています。
進路説明会などの実施

入学当初から、4年制大学・短期大学・専門学校などの進路別のガイダンスを数多く行います。それらを通して自らの進路に真剣に取り組むようになります。外部講師による進路説明会も説教的に行い、各学校のオープンキャンパスには早い時期から参加するように勧めています。

 

指定校推薦・一般入学試験による進学
清和はキリスト教の大学から数多くの特別指定校推薦を受けています。その他、4年制大学・短期大学・専門学校の指定校推薦枠も数多くあります。これを利用するために必要な小論文指導も、担当教員が個別指導をします。4年制大学の一般受験には、教科ごとに担当教員が個別指導します。
補習・講習
大学入試だけでなく、就職試験でも作文や小論文の出題があります。提出書類には志望理由や自己PRを書くことが求められます。その対策として、外部講師による講座を開催し志望先に合わせた対応をしています。
 
四国学院大学との高大連携協定
清和学園は、四国学院大学との連携協定を結んでいます。同大学への進学にあたって入学金(29万円)が免除されます。また、年間で返還不要の奨学金(20万円)をうけることができます。国語の授業では、同大学から講師を迎え、ドラマ教育を行っています。プレゼンテーション力を高め、実社会で役立つ力を養います。

学校生活の様子

学園生活一覧へ

礼拝の話一覧へ

中学・高校 学年の通信から一覧へ

クラブ活動一覧へ

▲ページトップへ